見てほほえむ・食べてほほえむ・お米使いのパン菓子工房えむえむ まぶちみかmmです。

 

先日Facebookにも投稿したのですが、今年から商品に使う

砂糖を、白砂糖からきび砂糖に変えました!

以前から考えてはいたのですが。

うちの子も含め、子供さんが、まいまいかっぷをパクパクと

食べてくれる姿を見て、もっと体に優しくしたいなあと。

 

さて本題の前に質問。砂糖の原料はご存じですか?

 

沖縄や鹿児島で有名な「さとうきび」です。

そのさとうきびを精製せずに煮詰めたものが、「黒糖」「きび砂糖」です。

精製されていないので、ゆっくりと消化されます。だから、血糖値の上下が緩慢で、

吸収に時間がかかるので少しの糖分で長い時間もちます。ミネラル分も含んでいます。

「白砂糖」や「グラニュー糖」など精製されたものは、消化吸収が早い。血糖値の上下が激しく、

すぐまた糖分をとりたくなるのです。まいまいかっぷのミルク味は、きび砂糖に変えてから、

砂糖の分量は変わらないのに、前より甘く感じます。きび砂糖の風味のおかげです。

 

茶色の砂糖って体によいんだということで、「三温糖」を思いつきませんか?

でも実は三温糖は、精製された砂糖で白砂糖の仲間なんです。

煮詰める段階で茶色くなっただけなので、栄養価値は白砂糖と変わらないのです。

 

「てんさい糖」、という砂糖もスーパーに並んでいます。

これは、原料がさとうきびではなくて、北海道でとれる砂糖大根から作られていて、

オリゴ糖を多く含んでいます。おなかに優しい。

で、寒冷地でとれるものなので、体を温める作用もある。

じゃあ、てんさい糖を使えばって思うんですが、風味が独特なんですね。

だから向いているもの、そうでないものがあると思います。

えむえむは、今年、お米の焼菓子を増やしたいと思っているので、そのラインナップの中に

てんさい糖を使ったものが加えられたらなって思っています♪

rogoma-ku今さらですが。

まいまいかっぷは、小麦不使用です。お米だけです。

ちまたで流行っている「グルテンフリー」です!

こだわりは、小麦粉の代わりに米粉を使っている商品ではなく、

えむえむならではの「お米使いの秘密」が入っていること(^^)

 

次回は、米粉パンのことなんかを書きたいと思っています。

ゆるゆるとお待ちくださいませ~